FC2ブログ

遠征と、その代償……

IMGPG6473.jpg
「だいばーしてぃー!きたぁーーー!!」
 という訳でこの日8/26には、東京・お台場のダイバーシティ東京にあるガンダムベースまで出向いておりました。

IMGPG6493.jpg
IMGPG6477.jpgIMGPG6479.jpg
 ここでは現在(9/2までなので、もうすぐ終わりますが…)「ビルドダイバーズフェスティバル」が開かれておりまして、本来はコミケの帰りに立ち寄る予定だったのですけど、なんだかんだでこの日までずれこんでしまいました。
 そして、この日はなんと……いつものように鉄道を使わず、Jazz公を使っての文字通り遠征だった訳ですよ。
.

IMGPG6480.jpgIMGPG6481.jpgIMGPG6483.jpgIMGPG6484.jpg
IMGPG6494.jpgIMGPG6495.jpg
IMGPG6485.jpgIMGPG6486.jpgIMGPG6487.jpgIMGPG6488.jpg
IMGPG6546.jpg
IMGPG6527.jpgIMGPG6528.jpgIMGPG6529.jpgIMGPG6530.jpg
IMGPG6499.jpgIMGPG6501.jpgIMGPG6500.jpg
IMGPG6514.jpg
IMGPG6531.jpgIMGPG6506.jpgIMGPG6507.jpgIMGPG6508.jpg
 商品化されていない劇中登場機の作例やら、本編再現のジオラマやらを中心に撮ってまいりました。
 あ、ウィズメルもいますね。

IMGPG6535.jpg
 そして、雪崩れ込むようにガンプラ体験会に参加。翠騎さんはガンプラビギナーではないけれどモデラーでもないから、これでいいのだ(ぇー
 「さてはこの“完成後のガンマカ塗り放題”に感じるところがあったね?」うむ。
 というのもその昔、まだガンプラがメカコレクションの一角だった時代。模型用ラッカー塗料などというのは街のおもちゃ屋さんレベルには到底ありそうもないシロモノでして(値段もですが、溶剤の危険性もあってね)。
 なので、あの当時のモケー少年たちはこぞって「マジックで塗る」という事をやっておった訳です。
 翠騎さんの場合、これはメカコレヤマトの頃からやってた事でもありますが、ガンダムの場合成型色が「白」なので下地の色が出ない分ヤマトよりも楽だった一方、マジックのペン先の太さにも泣かされたという、そんな甘酸っぱくも苦い思い出がですね「あーもう。長いよマスター!」

IMGPG6545.jpg
 ともかく、これが今回の戦果の数々。あ、ユニコーンガンダムの頭入れ忘れてら
 で、この体験会用ガンダム。既にいくつかネット上でもレビューが出ていますが、流石にHGUCの域には及ばないまでもそこそこクオリティの高いRX-78を、タッチゲートや多色成型を駆使して「ガンプラビギナーでも組み立て易いよう配慮がなされている」事がやはり大きいですね。
 しかしそれだけに留まらず、関節がポリパーツと互換性があるとか、受けを少し削れば次元ビルドナックルズ(と、後継品のビルドハンズ)も使用出来る……と、その後のステップアップにも一定の幅を持たせている点にはあまり言及されていません。
 意外と侮れませんよ、このキット。

IMGPG6563.jpg コースターは終わってたけどコラボドリンク。
 「えーと、今回はコーイチさんだね」「これ、ソフトクリームじゃない……生クリームだ!」

IMGPG6572.jpgIMGPG6584.jpg
IMGPG6574.jpgIMGPG6580.jpg
 その後はお台場海浜公園で、しばし休憩をしまして。

IMGPG6591.jpg
IMGPG6594.jpgIMGPG6599.jpg
IMGPG6597.jpg
 更に、少し寄り道をして川崎の「American Diner & Cafe CK」に立ち寄り。
 WKRC4店目のトライは、炎天下をしっかり冷やす「しろくま」で。

IMGPG6600.jpgIMGPG6601.jpg
 ……しかし、これで無事帰還できた訳ではなく。というのも帰り掛け、Jazz公のエンジンが焼き付きを起こしてしまったのです。
 もともと車種の持病“クランクケースからのエンジンオイル漏れ問題”があったJazz公。かつて購入したバイク屋は「リコールされてないからそんな問題はない(キリッ)」などとのたもうており、さしあたりエンジンオイルをこまめに補給する方向で対応していたのですが、この週末の200km近い移動で力尽きてしまった模様。
 購入店がまるでアテにならないのは明白なので、今後はエンジンまで修理できるレベルのお店でメンテ関係全般お願いする事になりそうです。はぁ……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
趣味の探求に生きる旦那芸の人。

パートナー「ナナ」や小さな仲間達(リストはこちら)と共に、あちこち逍遥の気ままな日々を送る。
最近は、ミニ四駆にも手を出してみたり。
(マシンリストはこちら

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
時々、つぶやき。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR